1080-234-demo01

2048-400-tab-sp
Home弁護士紹介・ごあいさつ
 
 

 

 

弁護士 前田 真一(まえだ しんいち)の紹介・ごあいさつ

 

所属弁護士会 埼玉弁護士会
所属委員会 刑事弁護センター運営委員会
出身 大阪市
趣味 ギター・音楽鑑賞(ヘヴィメタル)、カラオケ、日本酒・焼酎
座右の銘 初心忘るべからず

 

メッセージ

刑事事件には大きいも小さいもありません。ひとたび犯罪の被疑者として扱われてしまえば、どのような事件であっても、その方にとっては人生を左右しかねない重大な事柄であると私は考えています。

 

だからこそ、私はどのような事件であっても、最良の結果を目指し、最後まで粘り強く、手段を全て尽くすことを心がけています。現場へ何度も足を運ぶ、関係者から聴取する、目撃者を探す、証拠を直ちに保全する、事件の記録を精査する、判例を調査する、当初の見込みが薄くても粘り強く示談交渉をする……。などなど、事件解決のため日々尽力しております。

 

手段を尽くすためには、まずは様々な手段を思いつく自由な発想が必要となります。刑事弁護において、事件の内容や事件を取り巻く事情は千差万別であり、「こういう事件はこう処理するものだ」といった決まった型はありません(修習時代のわが師である刑事弁護教官は言いました。「前田さん、刑事弁護はヘヴィメタルと一緒で、決まった型はないんだよ」と。)。自由な発想で、あらゆる角度から方針を検討し、行き詰まれば現場へ行ったり関係者の行動再現をしたりして想像力を働かせ、「刑事弁護人である自分に何ができるか」を日々追求しています。

 

ご自身やご家族が刑事事件の当事者となった方は、どうか悲嘆に暮れてあきらめたりせず、ご相談ください。あきらめず、粘り強く、最後まで、あなたの人生が良い方へ向かうよう尽力いたします。

 

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 弁護士 前田 真一

 

 

 

Copyright © 刑事事件のみを扱う弁護士 前田真一公式ホームページ all Rights Reserved. 弁護士・法律事務所 ホームページ制作